スマートフォンの歴史を紐解いてモバイルデバイスの進化を知っていこう!

iPhone誕生秘話

iPhoneの誕生は意外にもApple社だけが関わっていたというわけではありません。当初は、モトローラ社との共同開発による音楽プレイヤー内蔵の携帯電話が発端だったと言われています。しかし、この機種開発に対して当時AppleCEOであったスティーブ・ジョブズは大きな不満を抱いていたと言われています。

その後、Appleは独自に開発を始めることとなります。それは、携帯電話に当時開発中だったiPadのタブレット技術を融合するというものでした。この技術が、後に世界中を震撼させるタッチディスプレイ搭載のスマートフォンのベースとなったのです。iPadがiPhoneよりも先に開発されていたというエピソードは多くの人に驚かれるかもしれません。

iPhoneが提示した初代から一貫しているスタイルは、ハードウェアキーボードが主流だった流れを一変させます。タッチ操作で操作できるという直感性だけではなく、ゴテゴテとした野暮ったいデザインであったスマートフォンのイメージを激変させることにも成功したのです。また、全画面デザインはモバイルデバイスで動画を楽しむという生活スタイルを生み出しました。このように、生活とスマートフォンを密接に結びつけることにiPhoneは成功したのです。