スマートフォンの歴史を紐解いてモバイルデバイスの進化を知っていこう!

PDAとの関連性

携帯電話の技術革新によってスマートフォンは生まれましたが、携帯電話が誕生した当初というのはもちろん今のようなWEBブラウジングやメッセージ機能が搭載しているものはありませんでした。通話機能以外の機能が搭載された携帯電話は、1992年にアメリカのアップルコンピューターが発売した「アップルニュートン」が最初だったと言われています。

このアップルニュートンは、スタイラスを使って手書き認識を行ったり、通信機能を兼ね備えているなどの当時としては最先端の技術を使ったモバイルデバイスでした。このような端末は当時PDAと呼ばれ、日本以外の国ではむしろ携帯電話よりもPDAの方がスマートフォンのイメージに近いという人も珍しくはありません。

残念ながらアップルニュートンは爆発的なヒットを生み出すまでには至りませんでしたが、それでもPDAの普及に一役買ったことは間違いありません。PDAの業界において大ヒットを記録したのは、Palm社がリリースした「PalmPilot」だと言われています。今までPDAはビジネスユーザーをメインターゲットにしていましたが、こちらの商品は個人向けにも受け入れられ、個人用の情報端末を持つという習慣が生まれたのです。