スマートフォンの歴史を紐解いてモバイルデバイスの進化を知っていこう!

スマートフォンの定義

スマートフォンとはWEBブラウジング、ソフトウェアアプリケーションを実行することが出来るオペレーションシステム内蔵の携帯電話です。電話とは関連性のない機能やコンピュータのような機能を持っている携帯電話を総称して「スマートフォン」と呼ぶことが多いです。それに対して、通話機能のみに特化している携帯電話は「ベーシックフォン」と呼んでいます。

しかし、日本においては通常の携帯電話であってもインターネット機能やカメラ機能が搭載されていることも珍しくありませんでした。このような携帯電話を「フィーチャーフォン」と呼びますが、日本人にとっては「ガラケー」と呼んだ方が馴染みがあるかもしれません。ガラケーの普及により、日本でのスマートフォンのイメージはiPhoneのモデルが一般的となっています。

では、スマートフォンとフィーチャーフォンの明確な違いとはどこにあるのでしょうか。それはズバリ「デザイン性」。タッチスクリーン操作や全画面のノッチデザインなど、所謂iPhoneのデザインがそのままスマートフォンのスタンダードとして普及しています。そのため、そのデザインかそうでないかでスマートフォンと呼ぶか呼ばないかということを判断していることがほとんどです。