スマートフォンの歴史を紐解いてモバイルデバイスの進化を知っていこう!

スマートフォンについて

もはや、電話やメッセージ機能などだけではなく、動画や音楽を楽しんだり様々な支払い決済に使うなど生活に密着したデバイスとなっているスマートフォン。一昔前までは若者の間でのみ流行しているトレンドだと思われていましたが、今や老若男女問わず誰もが使いこなすアイテムとなりました。では、このスマートフォンの歴史にはどのようなものがあるのでしょうか。

最初にスマートフォンの定義から説明すると、「オペレーションシステムを搭載した通話以外の機能が充実しているデジタルモバイル」という見方が主流となっています。しかし、日本においてはフィーチャーフォンの時代からそれが可能になっていたため、日本に限ってはタッチスクリーンで操るモバイルデバイスという見方が強いです。スマートフォンはPDAから進化をしてきています。様々な機種がその影響を受けていますが、世界初のスマートフォンと呼ばれているのが「Simon」です。2000年代からスマートフォンは市場を開拓し始めており、当時はノキアなどのメーカーがトップランナーでした。しかし、iPhoneが登場してからその流れが一変します。当初iPhoneはモトローラとの共同開発で携帯電話の開発を行なっていましたが、その技術と当時開発途中だったiPadを掛け合わせることによってiPhoneが誕生したのです。

スマートフォンはこの先も人類の文化に様々な影響を与えると予測されています。特に、5Gがスタートしたことによって生活スタイルが激変するという意見もあるほどです。そのため、その時代を目前に控えた今だからこそ、スマートフォンについての知識をもう一度洗い直しておくというのは大切なポイントだと言えるでしょう。